2014年10月02日

夏の北海道旅行

blog_ueda_p.jpg

1か月半ほど前の話になりますが、
お盆に家族で北海道阿寒・釧路の方面へ旅行してきました。

昨年は富良野・旭川周辺、その前は知床・網走周辺、
広い北海道ですのでちょこちょこと制覇しているところです。

阿寒周辺はアイヌ文化遺産が多く残されており、
「アイヌコタン」という村があります。
主に民芸品が売っていたり、アイヌの食事を出す喫茶店があったり。
景観も、一見トーテムポールのような木彫りの柱が立っていたり、
建物も急傾斜の屋根や色合いが独特の小物なのがそろっており、
まるで異国を思わせます。(写真を撮り忘れました…)
気になる方はHPがありますのでご覧になってくださいね。
阿寒アイヌ工芸協同組合 新ホームページ
http://www.akanainu.jp/

釧路周辺は、とにかく自然が豊かです。
湿原が最も有名だと思うのですが、当然地面がゆるゆるなので、
湿原の上を通っている橋のような通路は、湿原に浮いている状態だそう。
20年に一回ほどで改修する設計とのことです。

釧路市動物園では、北海道ゾーンを通ればタンチョウヅル、
ホッキョクグマ、エゾシカなど珍しい動物に出会えます。
エサの時間が発表されている動物はその時間になると、
自分でエサをやることもできるので、多くの子供たちで賑わっていました。
釧路市動物園
http://www.city.kushiro.lg.jp/zoo/index.html

北海道は料理もその土地のものを新鮮な状態で調理しており、
どこのお店やホテルでもとにかく美味しいのもまた楽しみの一つです。
ふらっと入ったお店の料理が絶品!ということも珍しくないので、
ばっちりと体重が増えた状態で帰宅したのでした…。

実はまだ体重が完全に戻しきれていないので、
再びダイエット頑張っています!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104128064

この記事へのトラックバック