2015年05月27日

どうして美味しく感じるのか

blog_hasegawa.jpg

5月も終盤を迎え、名古屋は連日、夏のような暖かい気候です。
私の所属する制作部は、エアコンを使わず窓を開放し、季節の移ろいを感じています。

こんな気候だと昼のランチは青空の下で食べるのもいいかもしれません。
外で食べるといえば、昔のCMで「外で食うとうまいんだよ!」と
いうやつがあったのを思い出します。

確かにその通り…。

じゃあなぜそう感じるのだろう?と興味がわいたので調べてみました。

それは脳が感じる「快感の報酬」に基づいているのだとか。

脳が感じる快感は絶対値ではなく、今までとの差分に強く反応するそうです。

例えば
毎月1,000円のおこづかいをもらっている人が、
ある日突然10,000円もらえることになったら、
毎月10,000円もらい続けている人よりも嬉しく感じるものです。

つまりこれを食事に置き換えると、
慣れた安全な室内での食事よりも、
普段とは違う(ちょっと危険な)外でこそ食べると、とても美味しく感じるのだとか。

「快感の報酬」をうまく使うと、
日々の楽しみが生まれそうですね。

0527_hasegawa.jpg

棒ラーメン、会社の裏で食うとうまいんだよ。



この記事へのコメント
印刷機の裏に炊飯器を持ち込んでた事はあります。
今思えば何であんな事していたのか…
予期せぬ愛に自由を奪われたかったんでしょうね。
Posted by 製造部 山田 at 2015年05月27日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/134563599

この記事へのトラックバック