2017年10月05日

観劇

prepress_ueda2017.jpg

一人で行こうと思えば行けるけれど、
できれば誰かと一緒に行きたい。
映画や演劇になると特にそう思ってしまう私ですので、
社員やパートさん含めて全員で観に行った
芸術鑑賞会はとても印象深いです。

個人的に観劇しにいくだけなら
電車に乗っていけてしまいますが、
みんなでいくとなると大型バスに乗って、まるで遠足気分。
物販を覗いてみたり、席についてどんな演出なんだろう、
と話をする時間がとても楽しかったのを覚えています。

入社当時の私は劇団四季に興味はあったもののまだ観たことがなく、
会社でその機会を毎年いただけてありがたいなと感じました。
美女と野獣は特に幼いころから大好きで、
思い入れの強い作品だったため、
「アニメでみたそのままの世界観だ・・・!」という
感動を先輩に熱弁しました(笑)

音楽と演技で作り上げる生の劇を肌で感じると、
気分も晴れて明日も頑張ろう、という気持ちになります。
そういった気持ちは確実に仕事への活力になりますので、
大切な機会だったと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181117366

この記事へのトラックバック