2018年06月28日

本の装丁家

kikaku_kurokawa2.jpg

やってみたい仕事を考えるにあたって、
憧れの職業を考えてみたのですが…
今の仕事に繋がるものというと、
本の装丁家でしょうか。

作家さんの意図をしっかり汲み取りつつ
素敵な装丁に仕上げるには、
どれだけのセンスがあればできるんだろう…!
と学生の頃思った覚えがあります。
最近はめっきり本から離れてしまいましたが、
本が売れない時代だからこそ、
こだわった装丁を見ると素敵だなあと思います。

今はこうして、本そのものではないにせよ
様々な商品のデザインに携わることができているので、
見た人に「素敵!」と思ってもらえるような商品を
常に目指して、今後もデザインしていきたいです!


posted by DDSP at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品企画課_黒川
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183577204

この記事へのトラックバック