2014年03月21日

真心を伝える

blog_nakano.jpg

制作の中野です。

実は先日、とある機械を販売している代理店様から
1通の手紙が送られて来ました。

内容に関しては、細かくは代理店様の個人情報もありますので表記は避けますが、
支障ない程度に公開します。

------------------------------------------------------------------

先日はお忙しい中お時間を割いていただき、誠にありがとうございました。
残念ながら今回は仕様が合わずお見送りという形になりましたが、
引き続き、今後も貴社にとって有益な機械などありましたら
情報提供に参ります・・・

<中略>

今後ともよろしくお願い申し上げます。
略儀ながら書中にてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------

正直、驚きました。
今回は弊社としてはお断りする結果となってしまたにも関わらずです。

とても感動しました。
すべて手書きです。
お客様を大事にする気持ちが伝わってきます。
この手紙を書くのに費やす手間や時間も伝わってきます。

僕ら大同紙工一同も、手紙に限らず色んな表現があると思います。
大切なすべてのお客様に、今回僕が感じたような真心が伝えられるよう
努めなければと痛感しました。



posted by DDSP at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90741848

この記事へのトラックバック