2014年03月26日

炭素の足跡

blog_hasegawa.jpg

プリプレス課の長谷川です。
皆さん「カーボンフットプリント」という言葉をご存じでしょうか?
プリントという単語が含まれていますが、
印刷用語ではありませんよ。

これは「炭素の足跡」とも呼ばれ、
ある商品の製造から流通、廃棄やリサイクルに至るまでに排出される
CO2の量を見える化した数値です。

ヨーロッパ諸国をはじめ、海外商品のパッケージには
カーボンフットプリント量の表示と
削減のコミットメントを含むマークが印刷されているものがあります。

0326_hasegawa.jpg
足跡のマークが印刷されています。

私も普段からCO2をなるべく出さないようにと、
3年前から自転車通勤に切り替えました。
(自転車好きなのが本当の理由ですが…)

自転車1台が生産されるまでに放出されるカーボンフットプリントと、
人間が運動で排出するCO2を考慮しても、毎日往復10kmの通勤ならば、
3ヶ月以上経つと自転車の方が車に乗り続けるよりエコとも言われています。
自転車バンザイ!

日本でも将来の低炭素社会を目指し、
消費者のCO2削減の関心を高める動きがもっと活発になって欲しいと思います。

私も製造に携わる人間として、
資源を無駄にしないものづくりを日々心掛けていきたいものです。

0326_hasegawa_2.jpg
通勤途中の公園とマイバイシクル。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91038502

この記事へのトラックバック