2014年06月24日

通勤ルート

blog_oda.jpg

大同紙工で長距離通勤者のランク付けをすれば、
上位に食い込む片道20km通勤の私。

毎日クルマでいろいろな道を通って、
渋滞がなくて信号も少なくて、
最速で会社に行けるのはどのルートかを探りながら通勤をしています。

残念ながら未だにココだ!というルートは見つけられていません。
まだまだ徘徊が足らないようです。

最近気づいたのが、よく使う通勤ルート上にセブンイレブンが8カ所もあったこと…。
どこに行こうか迷ってしまいます。


2014年06月23日

動物との触れ合い

blog_kataoka.jpg

プリプレス課のエース、片岡です。

パソコンの前で黙々と仕事をしているせいか、
プライベートでは動物に触れ合いたいと思い、よく牧場に足を運んでいます。

なので、最近行った動物ふれあい系スポットをいくつか紹介したいと思います。

一つ目は、滋賀県甲賀市にある成田ふれあい牧場です。

0623_kataoka_1_narita.jpg

規模は小さいですが、丁度仔ヤギと仔羊がいてとても可愛かったです。


二つ目は、世界淡水魚水族館アクアトトぎふです。

0623_kataoka_2_aqua.jpg

淡水魚がメインですが、カメやカピバラにエサをあげられるのが特徴です。
あと、同じ敷地内の川島ハイウェイオアシスにも動物ふれあいゾーンがあって、
そこではひよこや鳥にエサやりができたりします。

0623_kataoka_2_highway.jpg

三つ目は、浜松市動物園で、
動物園なのであまりふれあい要素がないのでは?と思うかもしれませんが、
ここはなんと、カンガルーにエサをあげるコーナーがあったり、
ヤギ、羊、うさぎにふれあうコーナーがあったり、
サルにもエサをあげることが出来たりと
意外とふれあいポイントが多めでオススメです。

0623_kataoka_4_hama.jpg

0623_kataoka_3_hama.jpg

たとえエサが目的だとしても、
動物が近寄って来てくれるというのは本当に癒されますね。

みなさんも日常の疲れを癒しに牧場などへ足を運んでみてはいかがでしょうか。


2014年03月28日

シフト+コマンド+オプション+K

blog_okuda.jpg

こんにちは。
遅れてきたルーキーとされています、奥田です。

どれくらい遅れてきたのかといいますと、
かれこれ10年は遅れてきたことになりますね。

フレッシュさは失われたルーキーかも知れませんが、
そこは経験を生かして補っているはずです。きっと…

こちらの職場に来るまでの期間も印刷業界に身を置いて居ましたので、
10年程の間に環境や技術もどんどんと変化していったと思います。

イラストレーターのバージョンも、
印刷業界に入った頃は、5.5に初めて触れ
いつしかCS(クリエイティブスイート)になり、
いまやCC(クリエイティブクラウド)と進化しています。

そんな技術の進歩が目まぐるしい環境ですが、
「遅れてきたルーキー」的に、古くて役に立たない情報を1つ。

CS普及前にはページ編集ソフトとして使用されていたクォークエクスプレス。

パーツを削除するショートカットは「コマンド+K」なのですが、
このとき「シフト+コマンド+オプション+K」を押すと、何故か…
画面にロボットが登場し、選択していたパーツを破壊して、
パーツを削除してくれます(ver4.1の場合)。

効果は普通にデータを削除した場合と同じです。
実務には全く役には立ちません…。

今ではもう見ることも難しくなった、無駄な知識ですが、
もしクォークに触れる機会がある方は是非一度お試しください。



2014年03月27日

ウィンターイルミネーション

blog_ueda_p.jpg

2月中旬に、家族で
なばなの里 ウィンターイルミネーション を見に行ってきました。

二年前にも行ったのですが、そのときの感動が忘れられず
毎年恒例行事にしよう!と家族で話していました。
昨年は計画しつつも諸事情で行けなかったのですが、
今年は無事に行くことができました。

なばなの里のイルミネーションといえば、
まず真っ先に思い浮かぶのは「光のトンネル」ではないでしょうか?

0327_ueda_1.jpg

このトンネル、結構長くて、写真を撮りながら通っているとなかなか出れませんw
すごいなー綺麗だなーなんて思いながら、
上を見て歩いていると前の人にぶつかりそうになるので、注意です(笑)

実は光のトンネルにたどり着く前の、植物たちのライトアップ、光の川も素敵です。
初めて見ると、この段階でもめちゃくちゃ感動できます!

0327_ueda_2.jpg

0327_ueda_3.jpg

さて、メインのイルミネーション。今年のテーマは「富士」でした!

0327_ueda_4.jpg

0327_ueda_5.jpg

あんまり載せすぎるとネタバレになるので、このくらいで(笑)
日の出、月光、春夏秋冬などなど、さまざまな富士山の顔が表現されていました。
全7分間の"ショー"。4周分くらいは眺めていました!


このイルミネーション、毎年3月末まで開催されています。
今の時期だと少し早めに咲く桜「河津桜」も咲いていると思いますので、
昼と夜、両方楽しめると思いますよ♪


2014年03月26日

炭素の足跡

blog_hasegawa.jpg

プリプレス課の長谷川です。
皆さん「カーボンフットプリント」という言葉をご存じでしょうか?
プリントという単語が含まれていますが、
印刷用語ではありませんよ。

これは「炭素の足跡」とも呼ばれ、
ある商品の製造から流通、廃棄やリサイクルに至るまでに排出される
CO2の量を見える化した数値です。

ヨーロッパ諸国をはじめ、海外商品のパッケージには
カーボンフットプリント量の表示と
削減のコミットメントを含むマークが印刷されているものがあります。

0326_hasegawa.jpg
足跡のマークが印刷されています。

私も普段からCO2をなるべく出さないようにと、
3年前から自転車通勤に切り替えました。
(自転車好きなのが本当の理由ですが…)

自転車1台が生産されるまでに放出されるカーボンフットプリントと、
人間が運動で排出するCO2を考慮しても、毎日往復10kmの通勤ならば、
3ヶ月以上経つと自転車の方が車に乗り続けるよりエコとも言われています。
自転車バンザイ!

日本でも将来の低炭素社会を目指し、
消費者のCO2削減の関心を高める動きがもっと活発になって欲しいと思います。

私も製造に携わる人間として、
資源を無駄にしないものづくりを日々心掛けていきたいものです。

0326_hasegawa_2.jpg
通勤途中の公園とマイバイシクル。


2014年03月24日

10年目

blog_oda.jpg

制作部の小田です。

今年の4月で大同紙工勤務10年目に突入します。
(…たぶん。)

時が経つのは早いですね。

今まで習い事や趣味などいろいろやってきましたが、
こんなに長く続いているのは大同紙工が初めてかもしれません。

これからもずっと大同紙工に居座り続けていきたいと思います。笑。




プラモ

blog_kataoka.jpg

プリプレス課のエース、片岡です。

大同紙工は今ちょうど忙しさのピークを迎えている時期ですが、
仕事ばっかりではストレスがたまる一方で身体に良くないです。
簡単にストレス発散するには、
時間を忘れて熱中できる趣味があると良いですね。

自分は水泳やジョギングをやっていますが
今一番ハマっているのはプラモです!

0324_kataoka.jpg

最近のプラモは多色成型で素で組んでも十分カッコよく仕上がりますし、
昔と違って接着剤も一切いらないです。

ニッパー一本あればOK。
最初はそれで満足していたのですが、
作り続けていくうちにもっとカッコよく仕上げたいという欲望が沸いてきて、
最近は塗装もしています。

一度組んだ後バラしてサーフェサーで下地を整えた後に塗装します。
気の遠くなるような作業の繰り返しですが、
完成を想像しただけでワクワクしてきます。

0324_kataoka_2.jpg

次回のブログの時までに完成させられるよう頑張ります!



2013年12月27日

クリスマスプレゼント

blog_ueda.jpg

昨日まで街中はクリスマス一色でしたが、
皆様はプレゼント交換などされましたか?

私は制作部の忘年会、そして家族とプレゼントを交換しましたが、
今年は初めて「自分に」クリスマスプレゼントを買いました。

今まで自分へのご褒美・プレゼントは
あまり買わないタイプだったのですが、
24日急きょ大須に行く予定ができたため、
気まぐれに商店街へいき、
セールで半額になったショートブーツを買いました。

それよりも前にプレゼント交換は済んでいたので、
実はそこまでクリスマスイブ!クリスマス!!
という雰囲気も感じていなかったのですが、
やはり商店街にいくとそこは十分に感じることができますね。
安くなっている商品もたくさんあって
思わず普通の買い物のように大量に買いたくなる気持ちを抑え(笑)、
気に入った一点だけを選び、そのまま履いて帰宅しました。

今、その靴を履いて通勤するのがとても小さな楽しみです(笑)
やはり新しいものを使うときのわくわく感はたまらないですね。
そういった意味でたまに自分へのプレゼントをするのもいいなあと思いました。

とは言っても最近年末効果でとても買い物を頻繁にしている気がするので、
いよいよ年末になった今、そろそろ断捨離の方もしていこうと思っています。

休暇に入った日から予定が詰まっていますが……新年に間に合うかな…?笑


2013年11月22日

友人の出産

blog_ueda.jpg

今年7月の話ですが、
高校時代からの友人が、女の子を出産しました。
元々産まれることを楽しみにはしていましたが、
生後5日目に病院を訪ねて
対面した赤ちゃんに感動したことは今でも覚えています。

こんなに小さくて軽いんだ、
こんなに小さいのに爪がちゃんとある、
手も足も何もかも思っていた以上の小ささ、
かわいらしさで、ただただ驚きました。

人にとっては珍しくないことかもしれませんが、
弟や妹もおらず、さほど年の離れたイトコなどもいないため、
中学生あたりから赤ちゃんと関わる機会がほとんどありませんでした。
仲良しの友人の中でも、今回が初めての出産であったため、
その子はもう完全にお姫様状態です(笑)

自分で想像していた以上に赤ちゃんがかわいく思え、
周りから「親戚のおばちゃんみたいだね」
と言われるほどでれでれしているようです!


生まれてからというもの、
月に1回は会いに行って成長を見ていますが、
その成長の速さにも毎回驚かされます。
小さい頃、私によく「あら〜大きくなったわね〜!」
と会うたびに言っていた
親戚の方々の気持ちがようやくわかってきました(笑)

来月も高校時代の友人で忘年会をやろうと考えていますが、
そのときにはまた大きくなっているんだろうな〜と
今からわくわくしています。


現在の目標は、しゃべれるようになったら、
友人の中で一番最初に名前を覚えてもらうことです!笑



2013年10月15日

洋楽

blog_ueda.jpg

みなさんこんにちは!生産部の上田です。

最近少し洋楽を開拓したいなと思い、
CDショップ等でいろいろ探してみています。
今回は、私が今気になっているアーティストを紹介します(*'ω'*)


★Haim(ハイム)
 フォーク、ロック、ハードロック、
 90年代R&Bを融合させた
 カリフォルニア出身の三姉妹バンド。

CDショップでなんとなく試聴してみたところ、
ありきたりな表現ではありますが、
「懐かしいのに新しい」感覚の楽曲でした!
流行の音楽に多い「機械音」のような音ではなくて、
基本的に生音なのがすごく聴きやすいのです。
「バンド」というより「オーケストラ」を聴いてるような
壮大な雰囲気をもつ曲もあります(*^_^*)

現在日本で発売中のアルバムを買おうかどうか
まだ迷っている段階ではありますが、
気になってしょうがない!という気持ちにさせられています。

 ▼オススメの曲
  「Falling」「Forever」



★Simple Plan(シンプル・プラン)
 カナダ出身の男性5人によるポップ・パンク・バンド。

このバンドは営業部・服部さんのオススメで聴いて好きになりました。
先日アルバムをお借りしたのですが、
キャッチーさ、聴きやすさ、かっこよさ重視の私がすぐに「好き!」と思えたので、
普段あまり洋楽は聴かない…という方でも大丈夫だと思います。
王道のかっこよさもありつつ、電子音っぽいサウンドもありつつ…なので、
どの曲も個性があって楽しむことができます^^

彼らは2010年バンクーバーオリンピック閉会式でもパフォーマンスしていて、
世界的に有名なんですね。(恥ずかしながら紹介されて初めて知りました)

 ▼オススメの曲
  「When I'm Gone」「The End」「Generation」



★Little Mix(リトル・ミックス)
 イギリスの4人組ガールズポップグループ。

このガールズグループを紹介する前に、
「One Direction(ワン・ダイレクション)」という
ボーイズグループの名前を挙げた方がピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。
"人気オーディション番組で優勝を果たし、同じレコード会社からデビューする"、
という経緯がOne Directionと同じため、妹分と言われています。
9月に音楽番組「Music Station」にも出演し、今話題を呼んでいるグループです。

歌唱力の高さはもちろんですが、その上にダンスもでき、
ファッションリーダー的な要素も十分で、曲もノリノリです!
見ていても聴いていてもとにかくHappyになれると思います♪
Youtubeの公式チャンネルにもたくさんのPVやインタビューがUPされています。

 ▼オススメの曲
  「Wings」「DNA」「How Ya Doin'?」「Madhouse」


洋楽に詳しい方からすると、
ツッコミどころがたくさんあったかもしれませんが(笑)、
もし興味を少しでも持っていただけるとうれしいです!
私は知っているアーティストに比較的偏りがありますので、
オススメの曲やアーティストを知ってる方、是非教えてください♪



2013年08月26日

旭川旅行

blog_ueda.jpg

こんにちは、生産部の上田です。

お盆休みを利用して、家族旅行で北海道旭川へ行ってきました。
有名な旭山動物園へ足を運んだのですが…

0826_ueda_1.jpg

動物たち、暑さゆえに倒れていました(笑)
北海道は愛知県に比べると夏でも涼しく、
この日も30度程度でしたが、
動物たちにとっては猛暑なのでしょうか。

地元の天気予報でも、
「明日は30度を超えるところが多く、暑い1日となりそうです」
というアナウンサーの言葉を聞き、いや、涼しいじゃん!
と思わずつっこみをいれてしまいました。

そして、北海道といえばやはり大自然。

0826_ueda_2.jpg

写真では伝えきれないのが残念ですが、
同じ日本の風景とは思えないほど、
どこまでも草原や花畑が広がっています。
信号も少なく、車の燃費もとってもいいのです。


このほかにオススメな観光施設は、写真はないのですが、
「アイスバビリオン」という北海道の冬が体験できる施設です。
コートと手袋を着こんでも寒いくらいの氷点下21度の建物にとびこみ、
さらに奥の部屋ではものすごい風と冷気によって、
最低気温41度も体験でき、体の芯まで冷え冷えになることができます。
夏にはオススメです(笑)


最後に、観光名所ではないのですが、地元では有名な「買物公園」。
旭川駅からずっと続く広い通りがあり、その一帯を買物公園を呼ぶそうです。

0826_ueda_3.jpg

少し通りを歩いてみましたが、
若者や買い物好きな女性にはおすすめのオシャレスポット、と言った感じ。
大都市にはよくある光景ではありますが、
東京・大阪・名古屋とは違うところは、人が多すぎない、ということ。
これだけの規模のお店が立ち並んでいるのに、落ちついた空間でした。
服や雑貨を見るのに疲れたら、休憩するベンチやカフェもありますし、
私はここに一日いても飽きないだろうな〜と思いました。

皆さまも旭川へ旅行に行かれた際には、
是非今回紹介した場所を参考にしてくださると嬉しいです!



2013年07月08日

本の紹介

blog_ueda.jpg

こんにちは。生産部の上田です。
今回は本の紹介をしたいと思います。


●辻村深月『ツナグ』新潮社(2010)

0708_ueda_1.jpg

昨年10月に映画が公開されたため、ご存知の方も多いかもしれませんね。

男子高校生の歩美(あゆみ)が、生者と死者を一夜だけ再会させる
「使者(ツナグ)」という仕事を祖母から引き継ぐことになります。
憧れの人・家族・親友・恋人など、大切な人が亡くなった人たちが
「使者」へ依頼をし、死者と再会していくという短編4編が収録されています。

4編の中でも特におすすめしたい話が、
二人の女子高生の関係を描いた「親友の心得」という話。
ある冬の日、御園(みその)が交通事故で亡くなってしまい、
親友の嵐(あらし)は彼女と再会するために、
噂で聞いた「使者」の存在を必死に調べ、ようやく歩美の元へ辿り着きます。

しかし、「親友に最後のお別れを言いたい」という気持ちではないのが重要です。
読んでいけばわかるのですが、二人の間にある確執が生まれ、
嵐は純粋な気持ちから「使者」への依頼をするわけではなく、
とある「裏切り」を隠蔽するために御園と再会しようとします。

それまで祖母に
「使者(ツナグ)って、いい仕事だね」と言ってきた歩美の考えが、
悲壮な嵐の姿を見て一気に揺れ動き、
「死者に会ったつもりになって満足するのは、生者のエゴじゃないか?」と思い始める。

読んでいるこちら側の気持ちも、かなり重くなり考えさせられるので、
そういった意味でも、ただ「死者と会えて最後のお別れを言える心温まる物語」に
終始していないのが、この作品の魅力だと思います。

0708_ueda_2.jpg

映画版では、4編中の3編が映画化された形ですが、
「親友の心得」はもちろん収録されています。
嵐役の演技も、最も悲壮に絶叫するシーンはかなり真に迫るものがあり、
久々に、完全にその世界観へと引き込まれる映画に出会えた、と思いました。

私の場合は、実は映画を観てから原作を買ったのですが、
原作が好きな人、映画版が好きな人、どちらの期待も裏切らない珍しい作品だと思います。
気になった方は是非ご覧になってみてください!

映画「ツナグ」公式サイト
http://www.tsunagu-movie.net/index.html




2013年06月03日

新鮮さ

blog_ueda.jpg

こんにちは。生産部の上田です。

ブログの私の似顔絵ですが、
ピンク色のスティックを持っていることに気づかれましたか?
これはアーティストのライブやコンサートなどでよく観客が振っている
「サイリウム」というものです。「ペンライト」という方もいますね。

なぜこれを持っているかというと、
3月度の社内報の「オフの過ごし方」を紹介するコーナーで、
「ライブやコンサートへ行くことが好きです!」と
書かせていただいたためです。

昨年1年間は、月1ペースでも足を運べていなかったのですが、
今年に入ってからは既に昨年1年間で行った回数を超えてしまいました…(^_^;)

生の歌やパフォーマンスがなぜよいのか?好きなのか?というと、
毎回趣向をこらして様々な楽しませ方をしてくれることや、
仮に構成や曲が同じでも、そのときどきで歌にアドリブが入ったり、
アーティストの表現はもちろん、目線配りや煽り方など、観客へのアピールも違います。

また観客としても毎回違った会場や席から観るので、
「実はここでこんなことしていたのか!」
と新たな発見があったりして、飽きずに観ることができます。

毎回違った驚きや楽しさをくれる。
いつ観ても新鮮だと感じることができる。
これはアーティストや、音楽などに限ったことではなくて、
もっと大きな枠でもとらえられるテーマだと思います。
大同紙工の商品でも追求し続けていくテーマだな、と感じました。

2013年05月02日

manaca

blog_ueda.jpg

初めまして!生産部の上田と申します。
昨年9月から入社いたしましたが、
ブログを書くのは初めてです。

何を書けば…と緊張していますが、
今回は名鉄ユーザーにはお馴染みの、
【交通系ICカード「manaca(マナカ)」】について
お話しようと思います。

manacaは社会人になってから通勤でよく使うようになり、
「ICカードって便利なんだなぁ〜」と実感してきていましたが、
最近さらに「便利」だと感じる変化がありました。

普段からお使いの方はご存知かと思いますが、
今年の3/23から、
【全国の交通系ICカード10種類】との相互利用が可能になったのです。
簡単に言いますと、manaca一枚で、
関東でも 関西でも 東北でも 九州でも 北海道でも、
電車の改札が通れてしまう、ということです。

個人的に旅行をすることが多いため、
「この機能、大変ありがたい!」と始まる前から楽しみにしていたのですが、
実際に3月に京都旅行をした際、
「manaca」で「京都駅」の改札を"ピッ"としたときには、
友人と歓声を上げてしまいました(笑)

実はそれぞれのエリアをまたいで使用できない、という難点はあるのですが、
旅行先で公共交通機関を使って移動するときには重宝します。
私自身、manacaの他にPASMO(関東エリア)と
PiTaPa(関西エリア)というICカードを持っていますが、
今後manacaだけでも済みそうなため、どうしようか迷っています(笑)

もう一つ、さりげなく便利だなと感じるのが、電子マネーとしての機能。
現在、Edy、iD、QUICPayなど、多くの電子マネーが広まってきていますが、
交通カードと一緒にしてしまうと、本当にヘビーユーザーになってしまうのです。
駅の自動販売機や、最近ではコンビニはほとんど電子マネー対応ですし、
今まで「ちょっと喉が渇いたな〜」「小腹が空いたな〜」なんてときでも、
人の多い場所でわずか100円程度を財布から出すのは…と思いガマンできていたのに、
manacaの使い方を覚えた途端、
あっという間に毎日のように何かを買う習慣がつきました!(笑)
実は電子マネーとしても、全国での相互利用ができるそうで、
またまた旅行先でも買い物で使ってしまいしそうな自分がいます。

それにしても、「そんなつもりなかったのに、思わず使ってしまう」便利さ。
こういった便利さを追求していくことで、
確実にユーザーを増やし、支持を得ることができるのですね。
もうすぐ、社内での新商品コンテストがあるため、
自分の中に「新商品」を提案するときの視点が定まった気がしました!


参考:名鉄manacaと「名鉄たまルン」の公式サイト
http://manaca.meitetsu.co.jp/index.html